ホーム > Horizon 2020とは > ワークプログラムとは

ワークプログラムとは

Horizon 2020のもとでは複数年度にまたがる多数のワークプログラムにより大部分の助成が交付されます。
Horizon 2020に関する法律により定められた枠組みのなかで、優先度に従いEUの政策目的を組み入れる戦略的策定プロセスにより、ワークプログラムは準備、選定されます。

ワークプログラムの準備に際しては利害関係者との協議が行われます。この目的のために、産業界、研究界から市民社会の代表まで幅広い代表で構成される諮問機関としてのHorizon 2020アドバイザリーグループが19も設立されました。更なる見解や協力を得るために企業政策グループ欧州イノベーションパートナーシップ、欧州技術プラットフォームなどの開かれた、かつ目標を定めた諮問活動が追加的に行われています。

ワークプログラム2016-2017

主なHorizon 2020のワークプログラムはイントロダクション、18テーマの章と附則が含まれ、標準的許容条件、資格基準、アクションの種類、選考及び助成基準などの一般規則が述べられています。それぞれのテーマ別の章には完結した記述がなされており、全体的な目的、それぞれ個別の提案の募集、それぞれの募集のトピックスについて書かれています。更なる情報については、プログラムセクションをご覧ください。

Horizon 2020のワークプログラムはさらに欧州研究評議会(ERC)EURATOM共同研究センター(JRC)欧州イノベーション・技術機構(EIT)の戦略的イノベーション課題などの独立したワークプログラムによって補完されています。

ワークプログラム2018-2020

次のワークプログラム2018-2020についての検討は2016年に関係者との協議、加盟国と議論が始まりました。

尚、次のワークプログラムの採択と公表は、2017年11月を予定しています。

ページトップへ