ホーム > 新着情報 > スペイン・カタルーニャ州政府主催の研究者の交流 (マリー・キュリー・アクション)

新着情報

スペイン・カタルーニャ州政府主催の研究者の交流 (マリー・キュリー・アクション)

カタルーニャ州政府(州都バルセロナ)がマリー・キュリー・アクションのCOFUNDプログラム(TECNIOspring PLUS)に採択され研究者の交流プログラムの募集を行っています。 タイプAは主に日本の機関が、研究者を1年間受け入れるもの、タイプBは日本の研究者が、カタルーニャ州の企業・研究機関、大学などで2年間の研究をするもので、研究者の給与および研究関連諸経費の一部が助成されます。

詳細につきましては、添付のPDFをご参照ください。

(7/11時点では5つの研究機関から受け入れのオファーが掲載されています。)

このCOFUNDプログラムは日本には馴染みがなく、まだ実績がありませんが、今回貴重なチャンスを同州政府貿易投資事務所(東京事務所)様からご紹介を頂きましたので、どうぞご検討下さい。お問い合わせは同事務所までお願いいたします。

詳細はこちら:テクニオ・スプリング・プラスのご案内

ページトップへ