ホーム > 新着情報 > URAの方を対象にしたホライズン2020の応募に向けた実践トレーニングについて

新着情報

URAの方を対象にしたホライズン2020の応募に向けた実践トレーニングについて

ホライズン2020は、研究とイノベーションを促進するためのEU最大規模のフレームワークプログラムであり、2014年から2020年までの7年間にわたり約800億ユーロ(約11兆円)が投じられ、日本を含む世界中からの参加が可能です。

2018年~2020年のワークプログラムにつきましては、年明けから多くの方々が、様々なプログラムに応募をされることが予想されることから、ホライズンに参加する為の準備、手続き、日本からのプロジェクトへの関与の仕方、覚書の書き方の要点等々の実践的な項目について、FP7 / ホライズン2020に、既に参加経験のある大学・研究機関、あるいは参加を検討しており、既に基本的な情報や仕組みについてはご理解いただいている大学・研究機関の国際連携のご担当の方々を対象とした 「実践トレーニング(Advancedコース)」を開催いたしました。

今回のコースは、ベルギーより、Legal/Finance分野で経験豊富な専門家(「NCPアカデミー」所属、Tania VAN LOON講師)を招いて英語でワークショップ形式にて行われました。

ページトップへ