ホーム > Horizon2020とは > ワークプログラムとは > – 卓越した科学 > 卓越した科学ー欧州研究インフラ

卓越した科学 –欧州研究インフラ(e-インフラも含む)

最先端の研究インフラはますます複雑で、非常に高価なものとなりつつあります。一方、研究インフラ欧州戦略フォーラム(ESFRI)の実施により、近年の欧州における研究インフラ整備のアプローチに非常に大きな進歩がみられました。EUレベルでのさらなる研究インフラの整備は欧州研究領域の形成に大きな貢献をもたらします。

このカテゴリーのもとに行われる助成の目的は、2020年、さらに先を見越したESFRIや他の世界的、地域的な規模の研究インフラの設計、建設、運転の実現を確かなものにすることにあります。

また技術の早い段階での研究インフラの利用が可能となり、さらに産業界と研究開発のパートナーシップを結ぶことにより産業利用が進み、イノベーション・クラスター創出が促進されることを目的とします。一方研究インフラを管理し、運営するスタッフの訓練、交流も促すことになります。

関係当局と出資団体とのパートナーシップをささえ、政策決定のための予測、モニターを行う手段を開発し、また国際協力事業も援助することを目的とします。

欧州研究インフラ(e-インフラも含む)は以下のテーマをもとに募集を行います。

  • 世界的規模の研究インフラの新規開発
  • 全ヨーロッパ的見地に立った研究インフラの統合、開放
  • 電子インフラ
  • イノベーション、人的資源、政策、国際協力
  • その他

ページトップへ