卓越した科学 – MSCA (マリー・スクゥドゥスカ・キューリー) 事業 (Marie Skłowdowska-Curie Actions)

MSCA事業はすぐれた革新的研究のための訓練のみならず、魅力のあるキャリアーまた知識交換の機会を研究者としての国境、分野を超えた流動性により提供します。またこの事業は研究、イノベーションのために必要な新たな知識を深め、スキルを高めことを目的とします。

MSCA事業は基礎研究から、市場導入、イノベーション提供まで全ての分野における研究、イノベーションを対象としており、応募者は研究分野、対象を全く自由にボトムアップで選べます。

また、 MSCA事業はすべての経歴の段階における研究者、イノベーション開発にかかわるスタッフを対象としています。

MSCA事業は以下の主なカテゴリーの募集をします。

  • イノベーション訓練ネットワーク (ITN)

ITNは大学、研究機関、アカデミア以外の組織の間でのパートナーシップのもと実施される競争的に選ばれた連携研究トレーニング、博士課程プログラムを支援します。この研究トレーニングプログラムは革新的なスキルや雇用されるために必要な能力を伸ばすアカデミアの外での経験を提供してくれます。研究者の研究や指導においてアカデミア以外の組織が大学と同等な役割を果たす産業博士号、また幾つかの大学が連携して授ける連携博士号などをITNは扱います。さらに、欧州以外の組織もITNの追加的参加機関としての参加が可能であり、博士課程レベルの候補者たちが訓練期間中に欧州の外での経験を積むことを可能としてくれます。

  • 個人研究奨学生

個人研究奨学制度は研究者の欧州内、また欧州外での移動性を支援し、さらに欧州外の優秀な研究者を誘致し欧州で仕事をしてもらいます。助成金は通常2年間の給料、移動のための手当て、研究費やホスト機関の諸経費を含みます。それぞれの研究者は計画しているホスト機関を通して助成のための申請書を出すことになります。申請書はその研究計画の優劣、研究者の将来の研究キャリアの可能性、ホスト機関が提供する支援などを対象に審査され、判定されます。もし研究に大きなインパクトを与えるのであれば、奨学生は奨学期間の一部を欧州の中の他の場所でも過ごすことができます。また欧州において研究キャリアを再開しようとしている研究者たちは特別な資格条件の恩恵にあずかることができます。

  • 研究者、イノベーション・スタッフ交換事業 (RISE)

RISEは最も若いポスドクから熟練の研究者、研究管理者までの全ての研究キャリアレベルの、またイノベーション・研究部門のみならず事務部門、技術部門のスタッフの短期間の移動性を支援する制度です。この制度は、大学、研究機関、またアカデミア以外の組織の間での欧州内での、また欧州以外とのパートナーシップを支援します。世界規模のパートナーシップを結ぶ場合アカデミア同士のパートナーシップも認められています。

  • 地域、国、国際規模プロジェクトへの共同出資

MSCAは地域、国、国際規模の研究トレーニング、キャリア向上のためのプログラムに追加的資金提供をします。連携助成プログラムによって研究者の国境を越えた移動性が奨励され、良好な研究条件が提供されます。この制度は博士課程及び研究奨励プログラムを支援します。

ページトップへ