ホーム > Horizon2020とは > ワークプログラムとは > – 社会的な課題への取り組み > 社会的な課題への取り組み-気候変動対策、環境、資源の効率化、原材料

社会的な課題への取り組み-気候変動対策、環境、資源の効率化、原材料

この分野の取り組みは欧州の競争力、原材料の保障を強化し、また健康生活を改善するためのものです。また同時に地球の温暖化現象を平均2度以下の上昇に保ち、生態系や社会が気候変動や環境変化に対応できるようにすることを目的とし、環境保全、回復力、また持続性を確保します。

この挑戦では以下の特定の目的のために研究、イノベーションを助成します。

  • 資源や水を効率よく用い、気候変動に耐えられる経済や社会を達成する。
  • 天然資源や生態系の保護、持続可能な管理を行う。
  • 世界人口の増加によるニーズに、地球の天然資源と生態系の持続可能なリミットの範囲内で答えるため、持続可能な原材料の供給と利用について研究する。

20世紀には大量に存在し安価に得られるように見えた資源の時代は終わりつつあります。経済が順応性、気候変動に耐えられる力を保ち、効率よい資源の活用をしながら競争力を維持できるかは社会、経済、組織に関する高いレベルのエコ•イノベーションに依存しています。年間1兆ユーロのエコ•イノベーションが必要な市場が世界に存在し、2030年までには3倍になると予測されていますが、エコイノベーションは欧州経済にとり、競争力の底上げと雇用の創出のための重要なチャンスです。

気候変動、環境問題が国を超えた地球規模であり、その規模と複雑さ、原材料供給の国際性、を考慮すると、取り組みはEUレベル、さらに世界的なものでなくてはなりません。競争力を増しながら、資源の利用、環境への影響を減らすためには、持続可能な自然と人類の関係に基づいた経済システムをもたらす社会的、技術的転換が必要です。

この分野のイノベーションは、科学、ICTを含む技術、社会、政治、統治に関する革新的な選択肢のみならず、成長と雇用の機会をもたらします。

この研究イノベーションは以下の広い分野にわたる取り組みを含みます。

  • 気候変動との戦いと適応。
  • 環境を保護し、天然資源、水、生物多様性、生態系の持続可能な管理を行う。
  • 非エネルギー、非農業原材料の持続的供給を確保する。
  • エコイノベーションにより環境への負荷の低い経済、社会に向かう変革を可能とする。
  • 包括的かつ持続可能な地球規模の観測、情報伝達システムを開発する。
  • 文化遺産を守る。

ページトップへ