ホーム > Horizon2020とは > ワークプログラムとは > – 社会的な課題への取り組み > 社会的な課題への取り組み-ICTを活用した環境負荷の低い総合的交通システム

社会的な課題への取り組み-ICTを活用した環境負荷の低い総合的交通システム

この挑戦は欧州の輸送産業の競争力を強化し、資源を有効に利用し、気候変動及び環境問題の観点からも優れた、安全で切れ目のないの欧州の輸送システムを市民、経済、社会に利するよう達成すためのものです。

この交通への挑戦のために63億ユーロが2014年から2020年までに以下の4つの目標に向かって投じられます。

1.資源効率がよく環境への負荷の少ない交通
交通システムの気候環境への負荷を最小限のものにするため航空機、車両、船体の排出ガスをよりクリーンで静かなものにし、よりICTを活用した装置、インフラ、サービスを開発し、都市部における交通システムと移動性を改善します。
2.移動性に優れ渋滞が少なくより安全で保障された交通
交通渋滞を抜本的になくし、人や貨物の流動性を飛躍的に高めるために貨物輸送、物流の新たな概念を開発し、事故率、死亡率、負傷率を減らし、保障性を高めます。
3.欧州交通産業の世界でのリーダーシップ
欧州の運輸機器生産業、関連サービス業などにおけるリーダーシップを強化することをサポートします。
4.社会経済及び行動科学研究また政策策定のための先見的活動
イノベーションを促進し、輸送におけるチャレンジや関連する社会的ニーズに答えるため必要となるよりすぐれた政策の策定をサポートすることも目的とします。
これらのプロジェクトは以下3つの公募プログラムによって募集されます。
  • 1.成長のための移動性
  • 2.環境負荷の少ない車両
  • 3.小企業と輸送におけるイノベーションの加速

ページトップへ