PICコードの取得は必須なのでしょうか

日欧共同公募において日本側の助成プログラムは、ホライズン2020のプロジェクトの一部ではありません。日本側の参加者は欧州の申請プロセスにおいての「Beneficiary(受益者)」にあたりませんので、PICコードの取得は必要ありません。また、欧州側のコーディネーターは「Participant Portal」で申請する際に日本の参加者を入力する必要もありません。但し、提案書の「Technical Part」にあたる部分(日本側・欧州側の提案に共通)には、日欧の全参加機関の記載が必要となります。欧州側は、各機関の役割やプロジェクトの進め方、日欧がバランスよく役割を果たすプロジェクトである事や、知的財産権に関して記述した共同研究契約書(Coordination Agreement)の「Final Draft(署名なしの契約書)」を提出する必要があります。