ホーム > オンラインマニュアル > ホライズン2020公募について知っておくべきこと

ホライズン2020公募について知っておくべきこと

公募とトピック

Horizon 2020のほとんどの公募はトピックに分かれています。 参加者ポータルで公募ページに入ると、公募に属するすべてのトピックリストが表示されます。 トピックリンクをクリックすると、トピックページが表示されます。「検索トピック」ページにてキーワードで検索すると、募集中の公募トピックリストが表示され、トピックタイトルをクリックするとトピックページに移動します。 公募ページとトピックページの両方で、提案に関する有益な情報を見つけることができます。

公募ページ

  • 公募の最新情報
  • 公募のトピックが取り組んでいる共通の科学分野または社会的課題またはイノベーションを解説した公募概要

トピックページ

  • トピックの最新情報
  • トピックの範囲、プロジェクトの期待される影響、およびそのアクションのタイプの詳細な説明
  • 適格性および評価基準を含むトピック条件および文書、電子提出システムで使用するフォームのpdfテンプレート
  • 提出システムへのアクセス
  • トピックの提案を準備する際に使用できるサポートサービス

トピックの締め切り

トピックは、トピックヘッダーに記載された期限まで「公開」とみなされます。
各トピックで締め切り日や締め切り日を指定します。

第一段階トピック

ほとんどのトピックでは、期限までに完全な提案書を提出してください。

第二段階ステージトピック

いくつかのトピックには2段階の提出手続きがあります。

  • ステージ1
    提案書概要(提出システムで特に指定されていない限り、標準で最大10ページ)を提出してください。概要は、トピック条件で設定された基準に対して評価されます。
  • ステージ2
    提案がステージ1を通過した場合は、一定期間内に完全な提案書を提出するように求められます。関連するワークプログラムによって要求される場合には、この段階で第1段階評価要約報告書(ESR)も受け取ることになります。
    提案が却下された場合:提案が第1段階を通過しなかった場合は、評価要約レポートとともに書面で通知します。

締切日と共に継続的に公開しているトピック

一部のトピックは、いつでも提案書を提出できるSMEインスツルメンツのトピックのように、継続的に公開されており、いつでも提案書を提出できます。そして締切日は、所定の期日までに受け取ったすべての提案がその締め切り後に評価されることを意味します。

アクションの種類

Horizon 2020の公募は、さまざまなタイプのアクション(資金調達スキーム)があります。

アクションの種類は、下記の点を明確にします

  • 助成対象の範囲
  • 償還率
  • 助成金受領資格を得るための具体的な評価基準

下記のリストは、ホライズン2020のすべてのアクションの種類とその助成率の概要を示しています。主要なワークプログラムの総附属書およびERCワークプログラムには、アクションの種類の詳細な説明が記載されています。

ホライズン2020には、下記の種類のアクションが含まれています。

研究とイノベーション活動

EU助成率 - 100%

新しい知識を確立したり、新しく改良された技術、製品、プロセス、サービスまたはソリューションの実現可能性を探求する活動です。当該活動には研究所またはシミュレートされた環境での小規模プロトタイプの基礎・応用研究、技術開発および統合、テストおよび検証が含まれます。当該活動には、密接な繋がりがあるものの、限定されたデモンストレーションや運用環境に近い技術的実現可能性を示すことを目的としたパイロット活動が含まれている可能性があります。 詳細については、ワークプログラムの附属書Dを参照してください。

イノベーション活動

EU助成率 - 70%(非営利団体は100%)

新規かつ、変更、または改良された製品、プロセス、またはサービスのための計画、手配、または設計の作成を直接の目的とした活動であり、試作、試験、デモンストレーション、パイロット、大規模な製品の検証、市場の複製が含まれます。詳細は、作業プログラムの附属書Dを参照してください。

コーディネーションと支援活動

標準化、普及、意識向上とコミュニケーション、ネットワーキング、コーディネーションやサポートサービス、政策対話、相互学習訓練などの付随する措置。詳細については、ワークプログラムの附属書Dを参照のこと。

フロンティア研究を支援する欧州研究評議会(ERC)の助成金

EU助成率 - 100%

スタート助成金
適切な研究チームを作り上げ、ヨーロッパで独立した研究を開始しようとしている先進的な研究リーダーを支援します。 このスキームは、独立した研究リーダーになることが期待される有望な研究者を対象としています。当助成金は、PhD(または同等の学位)の修了後2年から7年の経験を持つ全ての国籍の研究者および有望な科学的実績のある研究者に対して、 当助成金は優れた新しい研究チームの創設のための支援を行います。

コンソリデーター助成金
独立した研究チームやプログラムを強固にしている段階にある研究者を支援します。 このスキームは、作成されたばかりの、独立した優秀な新しい個人研究チームを強化するものである。 PhD(または相当の学位)の修了から7-12年の経験を有する全ての国籍の研究者および有望な科学的実績のある研究者が対象です。

アドバンスト助成金
各国の研究リーダーおよび並外れた実績を持つ研究リーダーが、それぞれの研究分野や他の分野で新しい方向性を開く画期的なハイリスクプロジェクトを追求するための助成金です。当助成金は、既に独自の研究リーダーとして実績のある研究者を対象としています。

概念実証助成金
ERC助成金を既に受給した経験のある研究者に開かれています。 ERC助成金保有者は、ERC助成金のフロンティア研究プロジェクトから生じるアイデアのイノベーションの可能性を実証するために、この追加資金を申請することができます。

シナジー助成金
少数の研究者とそのチームが、研究上の問題に共同で取り組むために、補完的な技術、知識、およびリソースを新しい方法で一つにすることを可能にします。

Marie Skłodowska-Curie アクション(MSCA)

EU助成率 - 100%

Marie Skłodowska-Curie Individual Fellowships (MSCA IF)
European Fellowships
Global Fellowships
Marie Skłodowska-Curie Innovative Training Networks (ITN)
Training Networks
European Industrial Doctorates
European Joint Doctorates
Marie Skłodowska-Curie Research and Innovation Staff Exchange (RISE)
Co-funding of regional, national and international programmes (COFUND)
Doctoral programmes
Fellowship programmes

共同公募助成金アクション

EU助成率 - 公募により異なります(EUと各国政府、産業界または他の機関からの共同公募助成金)

ERA-NET共同助成

加盟国間の共同プログラム戦略とその準備、ネットワーキング構造の確立、共同活動の実施、提案用に欧州委員会が助成金を追加する国境を越えた公募を含めた公的機関同士の協力関係構築を支援します。 これは、旧ERA-NETとERA-NET Plusを合わせた物であり、研究革新サイクル全体のどの部分においても、プログラムの共同作業を可能にします。

ERA-NET共同助成の主要かつ必須な活動は、国境を越えた研究とイノベーションプロジェクトに資金を提供するための共同公募助成の実施です。

EUの拠出は、アクションの適格費用総額において最大33%に制限されています。 詳細については、作業プログラムの附属書Dを参照してください。

欧州共同プログラム(EJP)共同助成

組織的な国家的研究とイノベーションプログラムを支援します。ホライズン2020の目標と課題について重要な国家的資源を引き付け、共同で利用し、関連するホライズン2020の資源を共同で取り入れることで大きなスケールメリットを達成することを目指しています。 EJP共同助成は、活動の種類強調の形態を促進するのではなく、組織化された国家的プログラムと関連する主体によって合意された手順に依存している。
公募の条件で特に指定されていない限り、EUの拠出額は、アクションの総適格費用の70%に制限されています。 詳細については、作業プログラムの附属書Dを参照してください。

調達アクション

Pre-Commercial調達(PCP)

公的部門を技術的な要求をする買主として、産業界や研究者の市場機会を開拓しつつ、公益分野で画期的な品質と効率性の改善をもたらす画期的なソリューションの研究と開発を奨励することが可能です。

コーディネーションおよびネットワーク活動に関する見積もり適格費用の申請償還額は、申請した助成金の30%を超えてはなりません。間接適格費用は、再委託契約に関する直接適格費用(例えば、PCP調達価格)および第三者が利用可能なリソース(受益者という前提で使用されていない)費用を除いた直接適格費用の25%の定額で計算されます(例えば、試験装置)。

適格活動およびPCPの要件の詳細については、附属書E(ホライズン2020助成金によって支援されるイノベーション調達の具体的要件(PCP / PPI))、および附属書D(ワークプログラムに対するアクションタイプ)を参照してください。

革新的ソリューション(PPI)の公共調達

公益な課題に取り組む革新的なソリューションの早期導入を強化します。革新的なソリューションを早期に採用するリスクを分担し、ヨーロッパにおける革新的なソリューション需要の断片化を克服することを目的としています。各PPI活動は、参加者が共有する具体的なニーズの1つに焦点を当て、各国で特に同様な革新的な解決法や、共同で調達することが予定されている革新的な解決策を要求します。

コーディネーションおよびネットワーク活動に関する見積もり適格費用の申請償還額は、申請した助成金の50%を超えてはなりません。間接適格費用は、再委託契約に関する直接適格費用(例えば、PPI調達価格)および第三者が利用可能なリソース(受益者という前提で使用されていない)費用を除いた直接適格費用の25%の定額で計算されます(例えば、試験装置)。

適格活動およびPCPの要件の詳細については、附属書E(ホライズン2020助成金によって支援されるイノベーション調達の具体的要件(PCP / PPI))、および附属書D(ワークプログラムに対するアクションタイプ)を参照してください。

SMEインスツルメント

第1段階

EU助成率 - 一括払い。一定の助成額が与えられます。

産業分野において十分に新しく、革新的なアイデアの技術的/実践的、経済的可能性を検証する実現可能性調査。この活動は、リスクアセスメント、市場調査、ユーザー関与、知的財産管理、イノベーション戦略の構築、パートナー探し、コンセプトの実現可能性などを含みます。

第2段階

戦略的な事業計画の基盤となる企業の競争力と成長の面で高い可能性を示すイノベーションプロジェクトです。この活動は、デモンストレーション、テスト、試作、スケールアップ、小型化、設計、市場複製などのイノベーション活動に焦点を当てる必要がありますが、いくつかの研究も含めることが可能です。 技術革新のために、6以上の技術成熟度レベルが想定されています。イノベーションを通じて企業の収益性を向上させる能力ための、能力におけるボトルネックは、イノベーション活動への投資収益率を向上させるために、フェーズ1で分析、フェーズ2で対処されます。

第3段階

商業化への支援は、顧客への革新的なソリューションの幅広い実施を促し、公的および民間リスク資本へのアクセスを促進することによって成長の資金を支援します。 この段階では直接的な資金提供はできませんが、中小企業はホライズン2020の支援を受けた金融サービスへのアクセスのみならず、間接的な支援やサービスを受けることができます。

詳細については、作業プログラムの附属書Dを参照してください。

懸賞金

懸賞の規則については、作業プログラムの附属書Fを参照してください。

認定賞

認定賞の規則については、作業プログラムの附属書Fを参照してください。

技術成熟度レベル

多くのトピックに関して、ここでは資金提供されたプロジェクトがどの技術成熟度レベルをカバーすると予想されるかを明確にします。9つの技術成熟度レベルに区別されているので、附属書Gにある作業プログラムの技術成熟度レベルに関する記述を参照してください。

入札のためのホライズン2020公募

ホライズン2020の入札のための公募は、欧州の公共調達に特化したTED(Tenders Electronic Daily)ウェブサイトに掲載され、入札のための公募が公表されます。

ページトップへ