ホーム > NCP・ヘルプデスク > Q&A > MSCAプログラム全般 > 日本の大学で働いています。欧州の受け入れ先で研究を行う場合はどのMSCA-に応募すれば良いのでしょうか。

日本の大学で働いています。欧州の受け入れ先で研究を行う場合はどのMSCA-に応募すれば良いのでしょうか。

 

日本に拠点を置いている研究者の場合、「MSCA-ITN」あるいは「MSCA-IF-European Fellowship」が適当です。研究者の学位等により応募できる公募が異なりますので、あらかじめ「Participant Portal」の募集ページでご確認下さい。

「MSCA ITN」への応募をご希望の方はまず「EURAXESS Japan」の求人情報をご確認下さい。ヨーロッパの大学による募集が掲載されております。

「European Fellowship」に応募をご希望の方は、提案書をヨーロッパの受け入れ先機関と共同で作成し、受入れ先機関を通して提出する必要があり、全研究を欧州に滞在して行う必要があります。

 

詳細については「Participant Portal」のMSCA応募ページの資料一覧からご確認下さい。

2018/11/22更新

ページトップへ