ホーム > 新着情報 > 【Horizon Europe】ミッション志向型研究

新着情報

【Horizon Europe】ミッション志向型研究

2020年9月22日のResearch and Innovation Dayにおいて、Mission Boardはホライズン・ヨーロッパミッション志向型研究の

ミッションとなる可能性のある5つを発表。各ミッションプロポーザルのドキュメント(報告)は以下の通りです。

 

○ミッションエリア:Cancer(がん)

Conquering Cancer: Mission Possible(仮訳 がんを克服する:ミッション・ポッシブル)

 

○ミッションエリア:adaptation to climate change including societal transformation(仮訳 社会変革を含む気候変動への適応)

A Climate Resilient Europe – Prepare Europe for climate disruptions and accelerate the transformation to a climate resilient and just Europe by 2030( 仮訳 気候変動に強いヨーロッパ:気候変動の混乱に備え、2030年までに気候変動に適応力のあるヨーロッパを)

 

○ミッションエリア: Healthy oceans, seas coastal and inland waters(仮訳 海洋・海岸・内陸水)

Mission Starfish 2030: Restore our Ocean and Waters(仮訳 スターフィッシュミッション2030  海と水を取り戻す)

 

○ミッションエリア:Climate Neutral, Smart City (仮訳 気候の中立・スマートシティ)

100 Climate-neutral Cities by 2030 – by and for the Citizens(仮訳 2030年までに気候変動に左右されない100の都市 – 市民による、市民のための都市)

 

○ミッションエリア:Soil Health and Food(仮訳 健全な土壌と食糧)

Caring for soil is caring for life(仮訳 土壌を大切にし生態を守る)

 

※各ミッションの策定時期は未定です。

ページトップへ