ホーム > 日本からの参加例

日本からの参加例

ホライズン2020には現在、104に上る日本の機関(大学、研究機関、企業等)が88のプロジェクトに参加しています(2014年から2018年の総計)。内訳としては、企業による参加が参加者総数の実に39%を占めております。それに続いて大学が31%、研究機関が25%となっております。テーマ別では、マリーキュリーアクション(MSCA)関連プロジェクトが45%を占め、ICT関連が18%、輸送関連プロジェクトは14%となっています。

ホライズン2020の前身であるFP7(2007年から2013年)では159のプロジェクトで日本の機関が参加していました。ヨーロッパ以外の第三国では伸び率がやや低調であるのに対し、日本は比較的FP7と同じようなペースを維持しています。

同時に、多くの日本企業がヨーロッパ内の現地法人を通じて、ホライズン2020に参加しています。これまでのところ、50の異なる海外現地法人が関与する95のプロジェクトが現在進行中です。ICTは最も多くの参加者が占める分野です。


ホライズン2020に参加されている研究者の方々を紹介した冊子を刊行いたしました。

   

取材を受けていただいた研究者の方々(施設名:50音順)

  • 京都大学 岡部寿男教授
  • 高エネルギー加速器研究機構 増澤美佳教授
  • 埼玉大学 川本健教授、小松登志子名誉教授
  • 三重大学 三宅秀人教授
  • 理化学研究所 ピエロ・カルニンチ博士

Horizon2020 プロジェクトへの日本からの参加実例

euflag
プロジェクト名
My Active and Healthy Aging (My-AHA)
分野
医学
プログラム
RIA – Research and Innovation action
詳しくはこちら
https://www.ncp-japan.jp/casestudy/my-aha
日本からの参加
東北大学
株式会社ジェイアイエヌ
プロジェクト名
Linking Climate and Development Policies – Leveraging International Networks and Knowledge Sharing (CD-LINKS)
分野
環境
プログラム
RIA – Research and Innovation action
詳しくはこちら
https://www.ncp-japan.jp/casestudy/cd-links
日本からの参加
国立環境研究所
地球環境産業技術研究機構
プロジェクト名
Computational and functional annotation of genomic elements during development of the model vertebrate zebrafish (ZENCODE-ITN)
分野
生命科学
プログラム
MSCA-ITN-ETN – European Training Networks
詳しくはこちら
https://www.ncp-japan.jp/casestudy/zencode
日本からの参加
理化学研究所
プロジェクト名
PROviding new insighT into INteractions between soil fUnctions and Structure (PROTINUS)
分野
環境
プログラム
MSCA-RISE – Research and Innovation Staff Exchange (RISE)
詳しくはこちら
https://www.ncp-japan.jp/casestudy/protinus
日本からの参加
熊本大学
埼玉大学
プロジェクト名
Scalable And Flexible optical Architecture for Reconfigurable Infrastructure (SAFARI)
分野
ICT
プログラム
RIA – Research and Innovation action, EU-Japan Joint Call
詳しくはこちら
https://www.ncp-japan.jp/casestudy/safari
日本からの参加
日本電信電話株式会社
プロジェクト名
Radio technologies for 5G using advanced photonic infrastructure for dense user environments (RAPID)
分野
ICT
プログラム
RIA – Research and Innovation action, EU-Japan Joint Call
詳しくはこちら
https://www.ncp-japan.jp/casestudy/rapid
日本からの参加
大阪大学、同志社大学
電子航法研究所、電力中央研究所
コーデンテクノインフォ株式会社、株式会社日立製作所
euflag
プロジェクト名
Discrete Dirac Mechanics and Geometric Numerical Integration Methods for Plasma Physics (DDM-GNI)
分野
物理学
プログラム
MSCA-IF-GF – Global Fellowships
詳しくはこちら
https://www.ncp-japan.jp/casestudy/ddm-gni
日本からの参加
早稲田大学
プロジェクト名
Understanding institutional change in Asia: a comparative perspective with Europe (INCAS)
分野
社会科学
プログラム
MSCA-RISE – Research and Innovation Staff Exchange
詳しくはこちら
https://www.ncp-japan.jp/casestudy/incas
日本からの参加
早稲田大学
プロジェクト名
Innovative Reliable Nitride-based Power devices and applications (InRel-NPower)
分野
材料科学
プログラム
RIA – Research and Innovation action, EU-Japan Joint Call
詳しくはこちら
https://www.ncp-japan.jp/casestudy/inrel-npower
日本からの参加
三重大学
九州大学

FP7プロジェクトへの日本からの参加実例

プロジェクト名
Effective Multilingual Interaction in Mobile Environments (EMIME)
プログラム
CP – Collaborative project (generic)
ウェブサイト
http://www.emime.org/
日本からの参加
名古屋工業大学
プロジェクト名
Monitoring Developments for safe Repository operation and staged closure (MoDeRn)
プログラム
CP-FP – Small or medium-scale focused research project
ウェブサイト
http://www.modern-fp7.eu/
日本からの参加
原子力環境整備促進・資金管理センター
プロジェクト名
IMS2020: Supporting global research for IMS 2020 Vision IMS2020 (IMS2020)
プログラム
CSA-CA – Coordination (or networking) actions
ウェブサイト
http://www.ims2020.net/
日本からの参加
慶応義塾大学

ページトップへ