適格性の確認

提案書が提出された場合、欧州委員会は下記の事柄を行います。

  • 提案書が許容可能であり(完全であり、適切にまとまっている)、適格であることを確認する
  • 独立した専門家に提案書の評価を依頼する

提案書が評価に送られる前に、許容性と適格性についての確認が行われます。
適格性確認には、提案書の内容が題目の記述に沿っているか、正当な参加者を十分に含んでいるか、基準や他の適格性条件(MSCAやERCプロジェクトの場合における特別な条件)を満たしているか等の基本的な確認事項が含まれます。
許容性と適格性基準の詳細について確認されたい場合は、「適格性と評価基準」ページを参照ください。

ページトップへ