準備する

提案書を書き始める前に、下記に述べる項目について準備してください

1、公募およびトピック特有文書

公募および関連トピックを選択し、その後、参加者ポータルの助成金機会ページ上にある、所定の公募およびトピック・ページで利用可能な関連文書またはテンプレートをよくお読みください。一般的な文書は公募文書ページ上にリストされており、トピック特有文書は「トピック条件および文書」の下にある各トピックのページで利用可能です。

適格性
提出システムは、必要なパートナー数または組織の設立場所に関連する問題などの基本的な適格性問題を発見する際の手助けとなります。しかし、資格規定は完全には自動化することはできません。従って、これらの規定についてユーザーの自覚が必要です。それぞれの適格性条件は、トピック・ページ(業務プログラム、添付書類D「特定の規定および助成金レート」、または、ERC公募のためのワークプログラムを参照ください)上に記載されています。

情報のテンプレート
提案の準備が早期にできるよう、標準管理フォーム(透かしのある)および技術的な添付書類の要件がトピックの文書間で利用可能です。ただし、特定の公募またはトピックに対して限定的なバージョンを使用することが重要であり、これらは提出システムにおいてのみ利用可能です。

2、プロジェクトのためにパートナーを選択する

大部分の公募は、提案において複数参加者の参加が必要となります。パートナー検索は、各国の連絡窓口(ナショナルコンタクトポイント)またはパートナー検索ページをご利用ください。パートナー検索についての詳細は、ホライズン2020オンラインマニュアルを参照ください。

すべての公募が、複数ののパートナーの関与を必要とするというわけではありません。上述の適格性条件、または、それぞれの公募のトピック条件ページ上にある情報パッケージを参照ください。

非EU諸国またはいわゆる第三国は、ホライズン2020の多くの協力に対する機会があります。

3、プロジェクトを計画する

作業計画(ワークパッケージ、成果物、スケジュール表(milestones))

技術的な添付書類に対する要件を参照してください(公募/トピック条件ページ上のテンプレートを参照してください)。そこには、提案された作業が詳細に記載されている必要があります。公募/トピックの評価基準をよくお読みください。

大部分のアクションの種類について、技術的な添付書類には下記のようなプロジェクトのアイデア、作業計画の詳細な説明が必要です。

  • 計画中の作業をワークパッケージに分割する
  • コンソーシアム内での関連する責任および資源を割り当てる
  • プロジェクトの時間スケジュール、主要なスケジュール表および成果物を規定する
  • プロジェクト管理構造を記載する
  • 連絡および利用計画を記載する

コンソーシアムの記述、倫理問題に対する付属書類などの、追加の添付書類または付属書類を要求される場合があります。

より詳細な情報については、特定の公募/トピックページを参照してください。アクションの種類毎に、提案の提出に関するテンプレートが参加者ポータルの参照文書ページ上あります。ただし、実際に使用するテンプレートは、所定のトピックおよびアクションに利用可能な提出システム内にて、常に利用することができます。

予算

提案の管理フォームに含まれる、必要な予算表を確認してください。これは、アクションの所定のタイプに特有のものです。予算表カテゴリーは、アクションのタイプ毎に異なる場合があります。必要な予算上の詳細のいくらかは、提案における技術的な添付書類において、より詳細に説明が求められる場合があります。

参加のための規定は、標準予算上の条件に関する情報を提供しています。
注釈付き助成合意書は、予算上のアイテムに関して詳細な説明を記載しています。

ホライズン2020における、最も重要な新しい予算規定については下記の通り

  • 人件費

    o 平均人件費(現在単位費用の下にある)に関するより幅広い承諾

    o 8,000ユーロ/年/人までの非営利団体に対する追加的支払い承諾

    o SMEに対するより単純な参加(SMEオーナーおよび無給の自然人に対する新しい単位費用システム)

    o プロジェクトに専念する研究者のための時間記録はありません。
  • 間接費:独特の均一料金25%

ページトップへ