ホーム > オンラインマニュアル > 役割およびアクセス権*

役割およびアクセス権*

役割およびアクセス権は、ユーザーが見ることができる情報と、ユーザが実行できるタスクを制限します。
例えば、コーディネータの役割を持つ者だけが、草案プロジェクト提案を削除することができます。
アクセス権は、電子交換システムにおけるユーザーの『役割』に関連付けられています。
(それらは同様に、その組織内でのまたは特定の助成金に関するその機能に関連付けられています)。

どのようにアクセス権は管理されますか?

役割は、2つのメインセクションに分けられます:

  • 「組織の役割」は、組織全体とそのデータに関連付けられています
    (ただしプロジェクトへのアクセスは除きます)。
  • 「プロジェクトの役割」は、プロジェクトによって定義され、プロジェクトのデータへアクセスできるように起こりうるすべてのケースに適用されます
    (読む/書く/提出する)。

1人のユーザ-が、同時に複数の役割を持つことが可能です。

どのように役割は割り当てられますか?

役割の大部分は、組織およびコンソーシアムが、そのニーズに従って自由に割り当て、管理することができます:

  • 自ら提案を作成することができます
  • 提案を作成した他のユーザーから、提案に加わるよう招待を受けることがあります
  • 組織内の者が、組織の役割へのアクセスを組織に与える(または取り消す)ことができます
  • 進行中の助成金に関与している者は、助成金の役割へのアクセスを組織に与える(または取り消す)ことができます

すべてのアクセス権は、ユーザ-のECASアカウントに関連付けられています。

例外

欧州委員会は、以下の2つの主要な役割の課題に介入する必要があります

LEAR (法人に指名された代表者) – 組織の役割
LEARは、欧州委員会に対して、信頼性のある管理上の連絡窓口としての機能を果たし、組織レベルで(個々の助成のレベルではない)信頼できる情報を提供します。通常、LEARは、組織の中心的な管理上のメンバーです。LEARは、参加者ポータルのすべての組織に関連するデータを取り扱い、その組織内で、助成契約またはプロジェクト費用に関する財務上の書類に電子的に署名する代表者を指名します。
1つの組織につき、1人だけがLEARになることができます。
LEARは、組織登録プロセスの一部として、欧州委員会の認証サービスによって認証されます。LEARの指名についての詳細を確認してください。
主要コーディネーター(PCoCo)連絡窓口-プロジェクトの役割
主要コーディネーターは、プロジェクトに対して第一に責任を負います。主要コーディネーターとして、コンソーシアムを代表し、欧州委員会に要請、報告および通知を提出することが可能です。
1つのプロジェクトにつき、1人のみがPCoCoになることができます。
アドバイス:
例外的に、LEARが指名されるまでの間のみ、「仮登録者(Self-Registrant)」は特定の役割(LEAR、PCoCoによって任命される前の役割)を持ちます。

役割-概要

以下の図は、プロジェクトと参加者ポータルの組織データの管理に関係しているすべての役割を示しています。

Overview of roles in the Participant Portal involved in managing projects and organisational data

組織の役割

法人に指名された代表者(LEAR)
LEARは、組織によって指名された、組織と欧州委員会との間の主要な管理上の連絡窓口です。
LEARは、以下のシステムに関する権利を有します:
  • 参加者ポータルにある組織データの更新
  • 助成契約への電子的署名、組織内の代表者を指名(取り消しも含む)
  • プロジェクト費用のための財務上の書類に電子的に署名、組織内の代表者を指名(取り消しも含む)
  • LEAR業務の手助け、アカウント管理人を組織内で指名(取り消しも含む)
アドバイス:
LEARは、特定の助成金に対する法律上の署名者と財務上の署名者を指名しません。これは、その助成金のコーディネータ連絡先(CoCo)または参加者研究窓口(PaCo)によって行われます。
「仮登録者(Self-Registrant)」
「仮登録者(Self-Registrant)」とは、欧州委員会受益者登録簿に最初に組織を登録する者です。
LEARが欧州委員会によって認証される前に、仮登録者は、その組織について要請された情報と文書を委員会に提供することができます。
一度LEARが欧州委員会によって正式的に認証されると(通常、組織が法人として認証された後)、仮登録者の役割はLEARによって取り消され、LEARが後を引き継ぎます。
アカウント管理人
LEARは、1人以上のアカウント管理人にタスクを委任することができます。LEARが全責任を負う形で、アカウント管理人は、LEARのためにタスクを実行できます。組織は、アカウント管理人を制限無く有することが可能です。
組織が新しい者をLEARとして指名する場合、既存のアカウント管理人は存続しますが、新しいLEARによって取り消される場合があります。
法律上の署名者(LSIGN)
組織のLSIGNは、LEARまたはアカウント管理人(図3を参照)によって指名されなければなりません。その後、コーディネータまたは参加者研究窓口(図5を参照)によって、LSIGNは特定のプロジェクトに割り当てられる場合があります。組織は、LSIGNを制限無く有することができます。
財務上の署名者(FSIGN)
組織のFSIGNは、LEARまたはアカウント管理人(図3を参照)によって指名されなければなりません。その後、コーディネータまたは参加者研究窓口(図5を参照)によって、FSIGNは特定のプロジェクトに割り当てられる場合があります。組織は、FSIGNを制限無く有することができます。
Overview of nominations at organisation level
図2 – 誰が役割を指定し、取り消すことが出来るのか
Who can nominate LSIGN and FSIGN?
図3 – LSIGNとFSIGNの任命
アドバイス:
財務上の署名者または法律上の署名者を指名するとき、LEARは、プロジェクト参加者に、そのプロジェクトのために適切なFSIGNまたはLSIGNを選ぶ手助けをするように注釈を加えることができます。例えば、

「スミス氏は、2014年2月1日からX部が実行するプロジェクトに署名することができます。」

こうした任意のコメントは、様々なセクションや機関を有する大きな組織で、責任の範囲またはFSIGNやLSIGNの期間を定義する際に役立ちます。

プロジェクトの役割

プロジェクトの役割に応じて、情報、文書、フォームに対して、閲覧のみの権利、閲覧と書込み、または閲覧と書込みそして提出する権利を持つことができます。

主要コーディネータ連絡窓口(PCoCo/CoCo)
主要コーディネータ連絡窓口は、各プロジェクトに対して、特定の助成金に関するコンソーシアムと欧州委員会との間での主な連絡窓口として指名されます。主要コーディネータ連絡窓口は、初期状態では、提出段階にて提案を最初に行った者です。
PCoCoは、コーディネータ連絡窓口(CoCo)を制限無く指名し、または取り消すことができます。コーディネータ連絡窓口は、PCoCoを取り消す権利を除き、同様の権利を持つことになります。
すべてのコーディネータは、以下の事項を実行できます:
  • コンソーシアムにおける他組織の参加者連絡窓口を指名/取消
    コーディネータ-は、こうした理由から、すべてのパートナー組織が、可能な限り早急に参加者ポータルの提案へアクセスできるようにすることが重要です。
  • 自らの組織でのタスクマネージャとチームメンバーの指名/取消
  • 自らのプロジェクトに対して、自己の組織での法律上の署名者と財務上の署名者を指名
  • 参加者ポータルのプロジェクト文書変更
  • 提案とプロジェクト文書を委員会に提出
参加者研究窓口(PaCo)
参加者研究窓口は、コーディネーターではない、コンソーシアムにおけるその他組織の代表者です。組織は、プロジェクト毎に無制限にPaCoを有することができ、各々は以下を行うことができます:
  • 自己の組織で他のPaCoを指名/取消nominate/revoke other PaCos in their organisation
  • 自己のプロジェクトに対して、自己の組織での法律上の署名者と財務上の署名者を指名
  • 自己の業務をコーディネータに提出
  • 自己の組織でのタスクマネージャとチームメンバーを指名/取消
  • 参加者ポータルのプロジェクト文書を変更
  • 情報を直接欧州委員会に提出
    (助成契約に定められる場合、注釈付きモデル助成契約の第52条を参照してください。)
タスクマネージャー (TaMa)
TaMaは、自己の組織の参加についての文書を作成、更新、アップロード、または組織の管理上のウェブフォームでプロジェクト情報を完成させる、修正する、削除するなどのいくつかの制限されたアクションを実行することができます。組織は、プロジェクト毎にTaMaを制限無く有することができます。TaMaは、誰かを指名または取り消すことができません、また、情報をコーディネーターや欧州委員会に提出することもできません。この役割は、提案の提出段階の間には用いられません。
チームメンバー (TeMe)
TeMeは、検索と閲覧のみの制限されたアクセス権しか有しません。
プロジェクトの法律上の署名者 (PLSIGN)
PLSIGNは組織を代表して、助成契約と改正に署名する権利を有します。組織は、プロジェクト毎に1人以上のLSIGNを有することができます。
一旦LEARによって指名されると、LSIGNは、コーディネータまたは参加者連絡窓口によって特定のプロジェクトを割り当てられます(図5を参照)。こうしてPLSIGNになって初めて、プロジェクトに対して指名されたLSIGNは、特定のプロジェクトのための助成契約に署名することができます。助成金の情報に関しては、CoCo/PaCoと同じ権利を有します。PLSIGNはいかなる役割も割当て、もしくは取り消す権限を有しません。
助成金の情報に関しては、CoCo/PaCoと同じ権利を有します。PLSIGNはいかなる役割も割り当てる/取り消す権限を有しません。
プロジェクトの財務上の署名者 (PFSIGN)
PFSIGNは電子交換システムによって管理される助成に関して、組織を代表して財務上の書類(フォームC)に署名する権利を有します。組織は、プロジェクト毎にFSIGNを無制限に有することができます。
一旦LEARによって指名されると、FSIGNは、コーディネータまたは参加者連絡窓口によって特定のプロジェクトを割り当てられます(図5を参照)。PFSIGNになって初めて、プロジェクトに対して指名されたFSIGNは、財務上の書類に署名することができます。
助成金の情報に関しては、CoCo/PaCoと同じ権利を有します。PFSIGNはいかなる役割も割り当てる/取り消す権限を有しません。
Overview of nominations at project level
図 4 – 誰がプロジェクトの役割を指定し、取り消すことが出来るのか
Who can assign LSIGN and FSIGN to a specific project?
図 5 – 特定のプロジェクトに対するLSIGNとFSIGNの任命

要約-役割と関連した権利

Overview of access rights associated with roles
図6 – どの役割が、どの行為を実行できるか

指名プロセス

いくつかの役割は、提案情報に基づいて自動的に割り当てられます。

  • 提案を最初に行った者は、主要コーディネータ連絡窓口となります。
  • 参加加組織内の主な連絡担当者が参加者連絡窓口となります。
  • 提案に対し閲覧権のみ有する者は、チームメンバーとなります。
アドバイス:
一旦自己の組織が欧州委員会によって認証されると、参加者ポータルにおける自己の組織の法律上の情報と財務上の情報を管理するために、あなたがLEARを指名することが重要です。

人物を指名/取り消す方法

役割を与えるためには、ユーザーの電子メールアドレスを登録しなければなりません。それは、ユーザーが自己のECASアカウントを開設したときのアドレスと同じアドレスである必要があります。

ユーザーがECASアカウントを持っていない場合、ECASアカウントを作るように自動的に案内が送信されます。

  • プロジェクトの役割 – 役割を与え/取り消すために、以下に進みます:
    • マイプロジェクト
    • オレンジ色のボタンを選択「PC(プロジェクトコンソーシアム)」
  • 組織の役割 – 役割を与え/取り消すために、以下に進みます:
    • 自分の組織
    • 青色のボタンを選択「OR(組織の役割)」

コンソーシアム内で異なる役割はいくつ必要ですか?

これは参加者によって決まります。ユーザーのECASアカウントは、複合的な役割を持つことができます。このように、ユーザーは、助成または組織データを管理するための機能に対し、区別された一連のアクセス権を得ることができます。

アドバイス:
個人(自然人)である小さな組織または受益者については、1人の人物が自己の助成金を管理するために必要であるすべてのアクセス権を兼務できることを意味します(すなわち、LEAR、PaCo(または彼らがコーディネータである場合はCoCo)、PLSIGNおよびPFSIGN)。

最小限の構成は以下の通りです:

✓ 1人の主要なコーディネータ連絡窓口

✓ 受益者毎に1人の参加者連絡窓口

✓ 組織毎に1人のLEAR

✓ プロジェクトに割り当てられた組織毎に、1人のプロジェクトの法律上の署名者

✓ プロジェクトに割り当てられた組織毎に、1人のプロジェクトの財務上の署名者

1人の人物は、同時に複数の役割を持つことができます。

Overview of roles a consortium has to assign in the Participant Portal to work on their project
図7 – プロジェクトを実行する役割の最小限の構成はどういうものか?

欧州研究会議(ERC)の特別の役割

受益者はコンソーシアムに組織されていないので、ERCプロジェクトは複数の特定の役割を持っています。一般的に、ERC助成金は、ホスト機関の責任のもとに、1人の主要研究者によって管理される調査プロジェクトを支援しています。

主要研究者
【提案書提出段階】
主要研究者は、ERC助成金を申請することを望んでいる研究者です。参加者ポータルにおいて、提案を作成する立場なので、提案コーディネーターであるとみなされます。
【提案書提出後】
一旦提案書が選ばれると、主要研究者はもはや提案コーディネータではありませんが、そのホスト機関は、主要研究者に参加者ポータル内での特定のアクセス権を伴ったプロジェクトの役割を割り当てます。その役割は、以下の通りです:
  • コーディネータ連絡窓口 – 主要研究者が、すべてのプロジェクト管理業務を遂行して、ERC執行機関(ERCEA)に報告書を提出できるようにします。
  • チームメンバー – チームメンバーは、参加者ポータルにおいてより限定された権利(検索と閲覧のみ)を持ちます。ERCEAとの連絡は、ホスト機関によって行われます。
主要ホスト機関連絡窓口
主要研究者によって開始される調査プロジェクトを主催する機関の、ERCEAに対する主要な連絡担当者であり、コーディネータ連絡窓口の全アクセス権を有しています。
助成契約はホスト機関とERCEAとの間で締結されるので、プロジェクト活動について報告する責任を負うのはホスト機関です。
ホスト機関は、自由裁量で、主要研究者に全アクセス権、または限定されたアクセス権だけ(上記の通りに検索と閲覧のみ)を割り当てることができます。
連絡窓口担当者
一般的に、チームメンバーまたはその他のプロジェクト参加者または提案データへのアクセスを必要とする第三者。連絡窓口担当者は、提案データに対して、全アクセス(コーディネータ連絡窓口として)、または読む専用のアクセス(チームメンバーとして)を与えられます。

マリー=スフロドフスカ=キュリー・アクション(MSCA)における明確な役割

MSCAプロジェクトは、必ずしもコンソーシアムという形で構成されていないので、いくつかの明確な役割を持っています。一般に、マリー・キュリー助成金は、組織の責任のもとに、例えばホスト機関で研究プロジェクトを行っているフェローのような、1人の研究者によって行われている研究プロジェクトを支援します。

フェロー
【提案書提出段階】
フェローは、欧州委員会の助成金申請を望んでいる研究者です。参加者ポータルにおいて提案を作成する人物なので、提案コーディネーターであるとみなされます。
【提案書提出後】
一旦提案が選ばれると、フェローはもはや提案コーディネータでなくなるが、ホスト機関は、フェローに以下のプロジェクトの役割を割り当てます。
  • コーディネーター連絡窓口 – フェローがプロジェクト作成業務を遂行し、欧州委員会にプロジェクト文書を提出できるようにします。
  • タスクマネージャーまたはチームメンバー – 参加者ポータルにおいてより限定された権利を持ちます(上記の説明を参照)。ERCEAとの連絡は、ホスト機関によって行われます。
主なホスト機関連絡窓口
フェローの研究プロジェクトを主催する責任を負います。これは、組織をコーディネートする権利を持ち、フェローに対しすべての権利、または限定されたアクセスのみを割り当てることができます。
助成契約はホスト機関と欧州委員会との間で締結されるので、プロジェクト活動について報告する責任を負うのはホスト機関です。

ページトップへ